やみとものプログラミング日記 やみとものプログラミング日記

このサイトは趣味でプログラミングや数学をしている僕の日記のようなブログです。
最近は機械学習を理解するために大学数学を勉強しています。

Yamitomo AI Project

「Yamitomo AI Project」はAIを作る人のための情報共有や、 AIに興味のある人の入門のための場所です。

サイトに移動

時間管理サイトHiyoTimerを公開しました

hiyotimer.com 時間管理サイトHiyoTimerを公開しました
紹介記事はこちら
カテゴリ一覧へ

記事一覧

TOP  > Kaggle
競プロ(AtCoder)とKaggle

競プロ(AtCoder)とKaggle

作成日時:2020年5月9日(土) 15時58分
更新日時:2020年5月9日(土) 17時08分

競プロは昔に水色になってからちょっと足が遠のいている「やみとも」です。AtCoderにはhiyokko2というハンドルネームで参加していました。Kaggleの方は最近始めたのですが、競プロとは違う面白

競プロは昔に水色になってからちょっと足が遠のいている「やみとも」です。AtCoderにはhiyokko2というハンドルネームで参加していまし...

> 続きを読む
【Kaggleライブラリ】FeatureManager(最新コード)

【Kaggleライブラリ】FeatureManager(最新コード)

作成日時:2020年2月5日(水) 18時55分
更新日時:2020年4月26日(日) 20時15分

FeatureManager(最新コード)```pythonclass FeatureManager:features = []target_name = Nonedf_train = Nonedf_

FeatureManager(最新コード)```pythonclass FeatureManager:features = []target...

> 続きを読む
【Kaggleライブラリ】House Prices スコア0.16240 Ridgeモデル

【Kaggleライブラリ】House Prices スコア0.16240 Ridgeモデル

作成日時:2020年2月5日(水) 17時14分
更新日時:2020年2月5日(水) 17時17分

相関の高い10変数を標準化し、目的変数にはlogを取って計算。CV = 0.17352218817383172Publicスコア0.16240class FeatureManager:  

相関の高い10変数を標準化し、目的変数にはlogを取って計算。CV = 0.17352218817383172Publicスコア0.1624...

> 続きを読む
【Kaggleライブラリ】House Pricesを線形モデルで解いてみた(FeatureManagerクラス)

【Kaggleライブラリ】House Pricesを線形モデルで解いてみた(FeatureManagerクラス)

作成日時:2020年2月5日(水) 15時51分
更新日時:2020年2月5日(水) 15時55分

FeatureManagerクラスだいぶ整備した。なんとなくコードが分かりやすい???class FeatureManager:     features = []  

FeatureManagerクラスだいぶ整備した。なんとなくコードが分かりやすい???class FeatureManager: &nbsp...

> 続きを読む
【Kaggleライブラリ】FeatureManagerクラス(House Prices用)

【Kaggleライブラリ】FeatureManagerクラス(House Prices用)

作成日時:2020年2月4日(火) 21時13分
更新日時:2020年2月4日(火) 21時20分

特徴量を管理したかったので特徴量管理クラス(FeatureManagerクラス)を自作しました。何が便利になったのか自分でもよく分かっていません・・・import pandas as pd impor

特徴量を管理したかったので特徴量管理クラス(FeatureManagerクラス)を自作しました。何が便利になったのか自分でもよく分かっていま...

> 続きを読む
【Kaggleライブラリ】XGBoost回帰の雛形コード(House Prices用)

【Kaggleライブラリ】XGBoost回帰の雛形コード(House Prices用)

作成日時:2020年2月4日(火) 13時07分
更新日時:2020年2月4日(火) 16時30分

Kaggleの「House Prices」やってみたモデルにはXGBoostを使った。まずは分かりやすさを優先したかったので、使用した特徴量は次の5つだけ。  "YearBuilt

Kaggleの「House Prices」やってみたモデルにはXGBoostを使った。まずは分かりやすさを優先したかったので、使用した特徴量...

> 続きを読む
【Kaggle】データ分析の仕方・プログラミングメモ

【Kaggle】データ分析の仕方・プログラミングメモ

作成日時:2020年1月30日(木) 16時27分
更新日時:2020年2月5日(水) 12時17分

この記事ではKaggleなどでデータ分析をする時に使用するコードをすぐに思い出せるようにまとめます。基本pandasのデータフレームの作り方小さなデータフレームを作ってコードの正しさを確認する場合など

この記事ではKaggleなどでデータ分析をする時に使用するコードをすぐに思い出せるようにまとめます。基本pandasのデータフレームの作り方...

> 続きを読む